設計を工夫することで患者が通いやすいクリニックにする

男性女性

日頃の心構えが大切

女の人

現在では防火対象物点検やその結果の報告が義務付けられています。この制度が義務付けられたのは、過去に建物の設備点検がしっかりと行なわれていなかったせいで火災の被害が大きくなったことがきっかけです。逃げ道の確保などを日頃からしっかり点検しておくことで非常時にもスムーズに逃げられるようになり、多くの命が助かるようになります。
防火対象物点検ではまずその建物の防火管理者を選び、報告する必要があります。地位のある人が責任を持って防火管理者になることで防火対象物点検を正しく行ないます。防火管理者になるには防火に関する知識が大切なため、講習を受けて資格を取ることが必要です。次に、火災の発生を未然に防ぎ、被害の拡大を抑えるために消防計画を立てます。火の取り扱いなどについて管理者だけではなく職員全員で把握することでより効果的に火災の発生を防ぎます。しかし、どんなに気をつけていても火災が起こってしまうこともありますが、そんなときでも被害を最小限に抑えるために職員全体での避難訓練が防火対象物点検で義務付けられています。学生の頃は行なっていた避難訓練も社会人になるときちんと行なわなくなることもあり、定期的に訓練をして心構えをしておかないといざというときにパニックに陥ることや適切に動けないことが多いです。火災が起きたときのことを想定して定期的に訓練することで実際に起きたときでも正しく行動することができます。その他、避難経路を確保しておくことでスムーズに逃げることが可能です。